彼氏や旦那にデリヘルで働いているのを絶対知られない為に風俗嬢自身が注意すべきことや対策法

デリヘルで働いている事を絶対知られたくない風俗嬢の知恵

デリヘルで働く為の対策

デリヘルの給料明細は出るの!?

投稿日:2016年6月7日 更新日:

デリヘルの給料明細は出るの!?

家族や彼氏など近しい人に絶対にバレるのはイヤ。
ダブルワークとしてならなんとかごまかせても、デリヘル一本で働いているというタイプの子。特に派手な生活を送っているわけではなくても一体どうやってその生活費は稼いでいるの??なんて突っ込まれたときに困るもの。

デリヘル店としてはダミーの会社を用意したり、アリバイ専用の電話を用意していたりするもの。

ときにマメな風俗嬢は自分の名刺を作ったりもします。最近は簡単でとても安く作る事ができるので、女の子が自ら作ってしまうなんてこともあったりなかったり。

ダミー会社としてお店が『○○株式会社』なんて社名を使ってもいいよ、と言ってくれたりもします。電話番号は店の電話番号を書けばいいですし、住所も待機所を記載してもOKとしてくれるかと思います。

デリヘルの給料明細

デリヘル店では風俗嬢に給料明細を渡すことはありません。なぜならバレる証拠となるようなものをわざわざ増やす必要はありませんからね。

デリヘルで給料明細!?

そして会社からお給料をもらうと、必要なくてもくれるのが「給与明細」ですよね。

デリヘル店によってはダミーの明細表をくれるという手の込んだこともしてくれるので、バレそうな時やどうしても疑いが晴れない時などはスタッフにお願いしてみるのもいいかもしれません。

普通の女性が事務職などで働いているような金額で出してくれるはずです。

ただし、あくまでも身バレ対策の一環ですので公式なものではないということをお忘れなく。賃貸契約や公的な効力は発揮できないので、あくまでも周りの人の目をごまかせる程度であるという事を理解しておいてくださいね。

自分の配慮次第で周りの目はいくらでもごまかせる事ができるものですよ。

デリヘル嬢としての税金申請は不要

デリヘル嬢としての税金申請は不要旦那に内緒でデリヘル嬢として働いても、税金申請で風俗のアルバイトがバレたら不安という女性もいますが、これも心配いりません。

風俗では1日いくら稼げるのか事前に確定できないので、税金もサラリーマンの月額表ではなく、毎日稼いだ金額によって税率が変わる日額表に基づき税金が確定します。

この日額表の税金ですが、『芸者税』という名称もあり、風俗店が匿名女性が稼いだのでまとめて支払いますという形式となっており、女性が税金申請をする義務すらないのです。

キャバクラなど店舗型は女性名義で税金を支払わせる場合もありますが、デリバリーヘルスに関してはそうした税金の心配がないのです。

-デリヘルで働く為の対策

Copyright© デリヘルで働いている事を絶対知られたくない風俗嬢の知恵 , 2018 AllRights Reserved.