彼氏や旦那にデリヘルで働いているのを絶対知られない為に風俗嬢自身が注意すべきことや対策法

デリヘルで働いている事を絶対知られたくない風俗嬢の知恵

デリヘルで働く為の対策

特定エリアをNGにする千葉のデリヘル嬢

投稿日:2015年11月24日 更新日:

特定エリアをNGにする千葉のデリヘル嬢

生まれ育った自宅の近所は少なからず知人が多いのは当たり前ですよね。
自分が直接名前を知らなくても顔見知りの近所のおばちゃんには挨拶くらいは誰もがしますので、自分の顔を知っている人は考えるよりも幅広くいるものかもしれません。

デリヘルで派遣NGエリアを決める

デリヘルで派遣NGエリアを決める千葉のデリヘルでは入店した際、知人バレ対策をしっかりしている風俗店はNGエリアとして案内が難しい特定の地域を事前に聞いてくれます。

NGエリアとは、設定したNGエリアからお客がその女の子を要望した場合にはお断りするというもので、無理にNGエリアに案内してしまう事で、知人バレまではしなくても『バレたらこわい』という考えが出てくる可能性が高く辞めてしまう事にも成りかねないからです。

千葉のデリヘル店からしても売れる商品が無くなれば困るだけに、事前にNGエリアなどの配慮をしているという訳ですね。

基本的に、女の子の自宅付近は完全にNGエリアとなる場合が多いです。あとはビジネスホテルなどで知人が働いている等の場合があります。

あとはお客様の自宅NGとしている女の子もいますが、自宅NGの場合は知人バレとは少し趣旨が違う場合が多いのです。

ラブホテルやビジネスホテルと異なり、お風呂やベッドなど勝手が判らないだけに嫌がる女の子も居れば、衛生的な問題や盗聴の心配など理由は別にある場合が多いみたいですね。

ちなみに偶然にも案内された部屋のお客が知り合いだった場合、相手次第ではデリヘル店のスタッフに話した方が良い場合があります。
お客が知人だとわかった場合は以下のパターンがあります。

もしもデリヘルで知り合いに遭遇したら

弱気そうなお客の場合

弱気そうなお客の場合『互いに秘密を守りましょう』という前提でデリヘル嬢が話をまとめてしまいます。
男性だって風俗遊びはこっそりとしたいと思っている人が多いですから、『お互い様』ということですね。

そしてその男性客を今後はNGとしてしまうデリヘル嬢もいれば、別に大丈夫だよと継続して本指名客として受け入れるデリヘル嬢もいますが、こればかりはデリヘル嬢の判断次第と言った処です。

弱みを握られるデリヘル嬢

弱みを握られるデリヘル嬢バラされたくなければと最悪な要求をしてくる知人の場合、状況次第においては千葉のデリヘル店のスタッフがしっかり対応する事で大きなトラブルにはならないことが多いです。

但し、法的知識が無かったり冷静な判断が出来ないスタッフが介入してしまうと更に状況は悪化しますので注意が必要です。後先構わず脅かしておいたからもう大丈夫なんて言うスタッフは最悪ですね。

極論で言えば、安心して相談できるスタッフがいなければ風俗店を辞めてしまい、退店後に迫ってくれば警察に相談というのが一番利口かもしれません。

未成年で無い限りは警察も親への通報はなく、訴える事ができますが、恐らく一番心配するのは友達へ千葉の風俗嬢としてアルバイトを言い触らされることが一番のネックになると思います。

一度でも恐喝されてしまうと、身体の関係だけでなく次は金銭の貸し借りといった事になるのは確実だけに、安易な行動が出来ない場合は弁護士に法律相談するのがベストな場合もあるのです。

そして風俗店で法的知識のある方は様々な方法が取れるので、正攻法だけでなくグレーゾーンも利用できるから、結果としてはそういったスタッフが一番頼りがいがありますよ。

千葉のデリヘル店選びが一番のポイント

千葉のデリヘル店選びが一番のポイントデリヘル嬢としてアルバイトをするならば、常に知人バレ対策は気遣いをしておくべきです、NGエリアなどは風俗店が気遣いしてくれないとなかなか気が付き難い話ですよね。

平素から、もしもデリヘルのお客様が街で声を掛けてきたらなんて返答しようとか、デリヘル嬢としてドアを開けたら知り合いだったら、間違えましたとすぐに送迎車へ戻るとか、心の準備と想定はしておけばトラブル回避はかなり出来ます。

今働いている風俗店のスタッフが頼りがいがないと不安に思うならば、千葉には多数のデリヘルがありますので、面接だけでも受けてみて安心できる風俗店に移籍するのも一つの手かもしれません。

-デリヘルで働く為の対策

Copyright© デリヘルで働いている事を絶対知られたくない風俗嬢の知恵 , 2018 AllRights Reserved.